Think Globally

Imagine the future

最新ニュース

リーダー株式会社が台湾初のスパンボンド生産ラインを発表し、MITマスクは完全に自社製

2020-12-28
リーダー株式会社が台湾初のスパンボンド生産ラインを発表し、MITマスクは完全に自社製

台湾最大手メルトブローン不織布生産設備メーカー、台湾PPE(personal protectiv equipment)国家チームの一員であり、リーダー自動化株式会社が再び完全に自社製のスパンボンド不織布生産設備の製造をチャレンジし、(24日)彩麗薄膜公司の生産ラインを用いてスパンボンド不織布生産ラインを発表しました。台湾初100%自社製スパンボンド不織布生産設備でありながら、ドイツ製と中国製の独占市場を打開し、同時に台湾国家戦略物質てあるマスク生産設備の海外輸入に頼らず、完全に台湾製で設備のメンテナンスや部品供給の時間短縮を実現し、台湾のマスク生産産業において重要な里程標となります。

參訪團到鼎峰梧南廠區參觀紡黏不織布生產基地

リーダー自動化株式会社のスパンボンド不織布生産設備はメルトブローン不織布(Melt-Blown Non-Woven)生産設備の設計に基づいて自動材料供給装置とタッチパネルを搭載し、操作が容易でポリプロピレン(PP)を原料とし、生産速度が60m/min~300m/minに達し、製品幅が600mm~3200mmで1日の最大押出量は20tとなります。メルトブローン用金型の専門メーカーである政鈺(GMA)の開発した孔径0.3mm/0.45mm、流路ポリシング加工(面粗度Ra0.01)のスパンボンド用金型を用いて更に生産性を向上させ、高品質な製品が出来ます。

リーダー自動化株式会社は押出機メーカーであり、食品包装、建材,3C業界(光学フィルム、シート)へ、シート押出機を始め、フィルム押出機、延伸装置、ラミネート装置、造粒機、及びマスク製造機などの生産設備を提供します。自社ブランドで海外展開をし、取引実績が30か国となりました。メルトブローン不織布生産設備とスパンボンド不織布生産設備の事業展開によって更に運営を推進します。

參訪團到鼎峰梧南廠區參觀紡黏不織布生產基地

リーダー自動化株式会社の社長許献忠により、一般医療用マスクと外科手術用マスクの構造は三層で外側は撥水効果を持ちのPPスパンボンド不織布であり、飛沫の隔離が出来ます。内側は吸水性持ちのES複合繊維で優しい肌触りと着け心地が良いです。中間はPPメルトブローン不織布となり、粒子捕捉帯電フィルターとして長時間で細菌、ウィルスの飛沫捕集効果を持ちます。鼎峰のメルトブローン不織布生産設備で生産した不織布の帯電効果は5年も持ちます。

參訪團到鼎峰梧南廠區參觀紡黏不織布生產基地

許献忠によりますとスパンボンド不織布は不織布の製法の一種です。原料を押出機で加熱、溶融し、ノズルから押し出し紡糸、超細繊維をネット上積層しウェブ形成します。スパンボンド製法は少工程、高生産量、低コスト、原料取得に容易という優勢があり、エンドユーザーにおいて幅広く使われています。

スパンボンド不織布はポリプロピレン(PP)をメイン材料として比重は僅か0.9、約綿の3/5となり、ふんわりで軽くて触り心地が良いです。100%超細繊維(2~3D)で点状熱接着法により製品が柔らかく肌触りが良い、多孔質で高い通気性、爽やかな触感です。短繊維と比べますと無方向性で強度が高く、環境にやさしい材料として衛生用品、医療用品、包装材。家庭用品及び各種類の工程技術にて幅広く使われています。

參訪團到鼎峰梧南廠區參觀紡黏不織布生產基地
TOP